血圧を下げるためにDHA・EPAサプリきなりを飲んでみた

40歳を超え、急に身体にガタがきました。わたしは体力には自信があり、見た目も30代前半に見られていたのですが2前より健康診断で高血圧と診断され、結構ショックでした。

 

そんなときに、知人からの紹介でDHAサプリの「きなり」を飲みはじめて、思っていた以上の効果があったのでその内容をレポートさせてもらいます。

 

きなり血圧

 

基本的に血圧は、体重と深い関係があり、血圧の増加には体重増加による要因が大きいです。そのため、まずは体重を減らすことが血圧を下げるために必要なことになります。

 

体重を下げるには、運動したり、食事制限という選択肢がでてきますが、わたしとしてはなるべく早く血圧を下げたかったので、血圧が下がると評判のよいきなりを飲み始めました。

 

血圧は160/110と高かったので、これを少しでも減らしていかなければ将来命に関わりますよと、医者に指摘されてしまいました。

 

高血圧は様々な病気を引き起こしますので、血圧が下がらなければ薬を飲む必要があるということでした。20代の頃は、上が120/80で正常だったのですが、こんなにも血圧が上がっているとは自覚症状もなくわかりませんでした。痛みがあれば気づくのでしょうが、わからないということは怖いですね。

 

担当のお医者さんからは、「まずは体重を減らしていきましょう。目標は5sですね」と。身長が170pで体重が72sですから減らさなければいけないと、以前から思っていました。血圧と体重とは密接な関係にあり、体重が増えると血圧もあがるということです。

 

高血圧は命に関わりますので、なんとかしなければと考え、思い切って生活習慣を変えることにしました。

 

まずは運動をしてカロリーを消費する目的で、食後に歩くことにしました。それと、睡眠もなるべく6時間は寝るようにしました。以前は、3、4時間睡眠は当たり前だったのですが、睡眠中に身体が回復するということを知り、寝ることにコミットしはじめました。

 

それと食事ですが、少し不規則なので、サプリメントを飲むことにしました。知人の医者に相談したところ、「DHA・EPAサプリメントを食事の補助として飲んだらいいよ」とアドバイスを受けたので、そうしました。DHA・EPAサプリの評判を確認したうえで、きなりを選択しました。

 

きなりは、DHAサプリの中でも、品質が良く、配合量も多いです。それと、DHAは酸化しやすいそうなのですが、酸化を防ぐため一工夫して製造され、安全性も評価されています。価格もなんとか出せる金額(笑い)だったので、まずは試してみることにしました。

 

販売価格もキャンペーンをしていて、お試ししやすい価格でしたので、まずはきなりの効果を試してみるにはうってつけでした。
今もきなりはキャンペーン中です。>>きなりのキャンペーン価格のチェックはこちら

 

きなり高血圧

 

で、実際に3ヶ月飲んだ結果、体重が3s減少中性脂肪の値が減少しました。そして肝臓のγ-GTPも下がりました。私的には体重が減ったので、かなり嬉しかったです。

 

ただし、きなりだけで痩せたかというと、それだけではなく運動もしていましたし、食事も脂っこい揚げ物を控えたりもしていましたのでこのような要因も考えられます。きなりの効果ももちろんあったとは感じていますが、生活の中で、身体を健康にする手助けをしてくれたと考えています。

 

DHAサプリには、中性脂肪を減らす働きがあるということが、科学的にわかってきています。ですので、食事制限、運動効果をより高めてくれたのではないでしょうか。思い切ってきなりを、試してみて本当によかったです。行動に移さなかったら何も変わらなかったかもしれませんので。

DHA・EPAが血圧に与える影響

DHA・EPAは、オメガ3脂肪酸ともいい、科学的にも効果が認められている栄養成分です。厚生労働省は1000mg以上を一日の摂取量として推奨しています。DHA・EPAは主として、魚に含まれているのですが、1000mgを食事だけで摂取しようとすると、相当な量の魚や食品を食べなければなりません。

 

そこで、DHA・EPAをサプリメントにして、摂取することができるようになりました。他のビタミン剤と同様、健康食品として摂取できるということです。DHAといえば、一般的には記憶力を高める働きや、頭が良くなるという触れ込みで有名になった成分ですが、実際には、生活習慣病の予防や改善で注目されている成分です。

 

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)の効果として報告されているのが、中性脂肪の減少と、血小板の凝集の緩和、つまり血栓ができにくくする働きということです。

 

ご存じの方も多いと思いますが、中性脂肪値が高まると、動脈硬化になりやすいです。動脈の壁の弾力がなくなることで、血圧が上昇してきます。異常に血圧が高くなると、高血圧という診断となります。それと、動脈硬化になると血管壁で血栓(血の塊)ができやすくなり、血液の流れが阻害されますし、血栓が剥がれてそれが血管で詰まると、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすことにも繋がります。

 

ですので、DHA・EPAによって、中性脂肪値を下げることができれば、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを下げることができます。きなりが血圧を下げる機序を考えてみるとしては上記の理由から生じると思われます。

 

その他にもわたしは、便通がよくなった感覚、それと朝起きるときに気だるさがあったのが、感じなくなりました。やはり身体全体のバランスが整えられていたからだと思います。

 

きなり血圧